カードローンの審査は厳しい?甘い?不安に思いつつも申し込んだその結果は

カードローンの審査とは、はたしてどういった内容なのだろう?
初めて利用することを決め私の心の内には、もしかしたら落ちてしまうのではないか、と不安がありました。
そんな心配をする前に、とりあえず申し込んでみたら結果が通知される分かる、まず申し込みをしてみないことには始まらないと思ったのですが、以前友人から、落ちたにもかかわらず、いろいろな所に申し込みをチャレンジすると、同じような結果となる確率が高く、更にこの数社に申し込みをしているという実績が、この業界に記録されてしまうという話を聞いていました。
この話がどうしても頭から離れず、こうした不安を抱いてしまっていたのですが、その友人に聞いた話には更に先があり、サラリーマンとして働いており、毎月決まった収入を得ているのであれば、よほどの事がない限り落ちる事はないという内容も聞かされていました。
サラリーマンとして働き始めて5年目を迎える年ということで、まだまだ月収、年収はそれほど多くはありませんが、安定収入は見込むことができる状況にあります。
友人の話を信じて申し込みをしたのですが、カードローンの審査結果は、驚くほどあっさりと、想像以上に速いスピードで返ってきました。
結果は、審査に無事パスできたという事で、これには本当にホッとしました。
できればすぐに借り入れを行いたいと思っていただけに、午前中に申し込んだ当日の午後に、もう指定口座に振り込んでくれた事には、本当に感謝しています。
ちなみに、今後利用する事になるローンカードが手元に届いたのは、郵送という手段であった為、1週間程度を要したと記憶しています。

カードローンとクレジットカードの違いを考えてみました

カードローンを契約した当初はお金を借りるという行為は一緒だと考えていましたが、実際には色々な違いがあることが実際に使ってみて分かりました。
ぱっと見た感じではカードローンのカードを見てみると、銀行のキャッシュカードと見分けが付かないことがあります。
ですが、クレジットカードの場合は色々な番号と銀行の他に、主に信販会社などのその他の会社のロゴが入っています。
これは、審査の方法が違うということを示しています。
クレジットカードのほうは、銀行とロゴが入っている会社の共同の審査ということを表しているのです。
銀行は貸し付け業務を行うことはできても、消費の分割払いなどを行うことが厳密にはできません。
クレジットカードの契約の場合には、多くの場合でショッピング枠などの商品に対しての分割払いを必要となってきます。
そういった事を行う目的にしているのがクレジットカードです。
これは、実際に使ってみて、店員等に注意を受けて初めて知ることができました。
ですがそれならクレジットカードの方が勝手が良いのかと思ったことがありますが、そうではありません。
カードローンは借り入れのみに枠を絞っているので、銀行のみで行うことができる業務なので審査も銀行独自で行うことができます。
借り入れの判断を銀行独自でできるということは、結果が分かるまでの時間が早いや融資の金額を大きくする可能性が高い、利息が安いなどというように色々なメリットを考えることができます。


無料相互リンク SEOアクセスアップ相互リンク集 自動車合宿教習所案内人気ランキング.com 自動相互リンク集 PVランキング